ラザールダイヤモンドでお気に入りの指輪を見つけよう

魅力あるジュエリー

ペアリング

受け継がれる家宝

ハワイアンジュエリーは、正式にはハワイアン・エアムール・ジュエリーと呼ばれるものです。その意味は代々受け継がれる宝を意味しています。ジュエリーの表面にはプルメリアやマイレ、スクロールなどの花やリーフが彫刻されています。また、名前や文字を刻む場合もあります。それらのモチーフにはそれぞれ意味が込められており、家族の健康や結びつきを表現しています。元来は一つ一つ手作りでしたが、現在では既製品のアクセサリーも含めてハワイアンジュエリーと呼ばれています。現地ハワイではゴールドが主流でしたが、最近ではプラチナやホワイトゴールド、シルバー製品も多く見受けられます。伝統的な方法で作られるハンドメイドのハワイアンジュエリーは、オリジナリティが高くマリッジリングとしても人気を集めています。

それぞれの持つ意味に注目

代々受け継がれる家宝という意味を持つハワイアンジュエリーは、大切な人への贈り物としても人気があります。マイレやプルメリア、波をモチーフにしたジュエリーには大自然のマナが宿るとも言われています。マイレはハワイの結婚式でも用いられる葉で、神聖な結びつきを意味します。プルメリアの花は、女性の守り神で、その花を手にすると必ず幸せになれると言われています。また、波には永遠に続く幸せという意味が込められており、マリッジリングにも多く使われるモチーフです。それぞれのモチーフに意味があり、願いが込められています。そんな意味を知れば、よりハワイアンジュエリーを楽しむことができるでしょう。ハンドメイドならば、デザインやモチーフも選ぶことができます。